読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHOCO BLOG.

感じるがままのイマをここに

赤鼻のセンセイが教えてくれたこと

 こんばんわ!最近はよくドラマを見るのですが今見ているのが「赤鼻のセンセイ」っというドラマです!少し昔のドラマみたいで見た事なかったので…大好きな俳優さん大泉洋さんが出ているので面白そうっと思って見てみる事にしました。

赤鼻のセンセイ DVD-BOX

赤鼻のセンセイ DVD-BOX

 

 この話は、小児科の病院の子供達に授業をするという話で…すごくざっくり言うとですが(笑)

結構…考えさせられることが多いなっと。やっぱり人の生と死についての事を考えると深く深く考えちゃうから落ち込んじゃうんだけど。

実際私は今まで一度も入院した事もないし健康体!だから同じ気持ちを味わった事がないし、明日への恐怖感だったり…その人にしか感じれない様な事を体感した事が無いので本当の深い所までは感じることは出来ないのですが。

でもやっぱり人っていつか必ず死がくるもの。遅かれ早かれ。

事故だったり、病気だったり…それにこうやってブログを書いて文字を打っている間にも必ずどこかで誰かが苦しんでたり亡くなってしまったりって世界は回り続けて時間も動いている。

大人になると(そんなに自覚無いけど)いろんな事を考える。

自分の将来、親の事、自分、恋人、家族、友人。

主に先の事を考えてしまう事が多くなってくる。自然と。

そうすると視野が狭くなったり、自分の事しか見えなくなったりしちゃう事だってあるんだと思う。子供も子供なりに悩む事はたくさんあるけどね。

でも明日、もしくは余命あと何日という人生ってなった時…きっと目の前の事が見えるようになると思う。見えるようになるというか自分の今の状況や今の足下を見なきゃいけない。だって明日…がないかもしれないから。今日、今しないと、絶対に絶対に悔やんでしまうのは目に見えているから。そんな事を考えると【笑って死にたいなっとか、あの人が側にいて欲しい】っていう本音が見えてくる。

私は笑って死にたい。くだらない事でも良いし、大好きな吉本新喜劇やお笑いを見て笑って噛み締めたいと思う。

 

もし、あなたが明日までの命だとしたら何がしたいですか?